Shopifyの運用は何が大切?押さえるべき2つの業務とは?

「Shopifyを開設したけど売り上げが上がらない」「どのように運用していけばいいのかわからない」このようなお悩みをお持ちではありませんか?ShopifyなどのECサイトは、構築したら終わりではなく日々「運用」という業務が発生します。

そこで当記事では、ShopifyなどECサイトの運用業務について詳しく解説していきます。ECサイト運用に持っておくと良いスキルまでお伝えしていくので、ぜひ最後までご覧ください。

運用とは?

ShopifyなどECサイトの運用業務は、大きく2つに分けられます。それは、フロント運用業務とバックエンド運用業務です。簡単にいうと、フロント運用業務は売り上げを伸ばしていく「マーケティング業務」であり、バックエンド運用業務は商品の発送や登録などを行う「管理業務」です。

フロント業務で大切なこと

フロント運用業務を具体的にあげると、商品企画・ECサイト制作・仕入れ・プロモーションなどです。
ブランド力の弱いECサイトでは、まずお客さんが少ないのが問題です。どうにかしてお客さんを呼び込むことが、フロント運用業務で大切なことになります。

商品企画では、具体的な販売目標を立てましょう。
どのくらい仕入れて・どのくらいの期間で・どのくらい売れるのかを軸に考えていきます。また、ECサイト制作では、なるべく使いやすいサイトを目指しましょう。お客さんが快適に使いこなせないと、離脱率も上がってしまいます。

なお、プロモーションも重要です。リスティング広告などはお金がかかるので、はじめのうちはあまりおすすめできません。アフィリエイトやブログ運営やSNSを活用して広告活動をしていくのが無難でしょう。

バックエンド業務で大切なこと

バックエンド運用業務を具体的にあげると、在庫管理・商品発送・問い合わせ対応などです。
個人ではじめたECサイトや開設したばかりのECサイトは、注文数も少なく、手作業でバックエンド運用業務を行えます。
しかし、売り上げが伸びてくると1日100件以上の注文を処理しないといけず、負担が大きくなるだけでなくミスなども増えてしまいます。

売り上げが伸びて手作業では難しくなってきた場合は、バックエンド運用業務ASPツールなどの導入も考えないといけません。このように、バックエンド運用業務はECサイトの売り上げに応じて作業の効率化を考えなけらばならないのです。

持っておくと良いスキル

実をいうと、ShopifyなどのECサイト運用には特別なスキルは必要ありません。運用スキルは、誰もがECサイトを運用していくうえで自然と身についていくものなのです。しかし、他の競合サイトと差をつけたいという方のために、持っておくと良いスキルを2つご紹介します。

情報収集能力

まずは、情報収集能力です。日々、他の競合サイトが行っていることをチェックしておきましょう。EC業界のトップに君臨している企業は、ECサイトで売れるようなマーケティング方法を常に実行しています。
このような手法を見習って、自分のECサイトに活用しましょう。完全に同じ方法を真似て実行してしまうと「パクる」ことになっていろいろな問題が生じますので、あくまで情報収集として活かせるものはどんどん吸収していきましょう。

仮説検証能力

次は、仮説検証能力です。お客さんの気持ちになって、仮説検証を行っていきましょう。具体的には「なぜ今月は訪問者数が多かったのか」「ECサイトの離脱率が高い理由」「商品を複数回にわたって購入してくれた理由」などを常に考えていきます。
そこに、ECサイト売り上げアップにつながるヒントが隠されているかもしれません。ECサイト運用には正解がないので、このように仮説を立ててさまざまな試みをしていくことも大切な能力です。

まとめ

ECサイト運用業務について解説していきました。運用にはフロント業務とバックエンド業務の2つがあります。
フロント業務でお客さんを呼び込み、バックエンド業務でミスなく管理していくことが重要です。また、他の競合サイトから情報収集をしたり仮説検証を行っていったりして、ECサイトの売り上げアップを目指していきましょう。

 

SNSでもご購読できます。