Shopify Expertsになるメリットとは?なり方と申込方法を紹介

カナダ発のECプラットフォームであるShopify。
2017年に日本向けにローカライズされ、国内ではそのシェア率をぐんぐんと伸ばしています。

個人向けだけでなく企業も自社商品やサービスの販売にShopifyを利用しています。
また、現在はShopifyとは別のECプラットフォーム(BASE等)を利用しているものの、Shopifyへの移行を検討されている方も多いでしょう。

ですが、新たに登録したり現在のサイト情報を引き継いだりなど手間もかかりますし、登録方法やサイト構築に不安を抱えているためにShopifyへの移行を実行に移せない方も少なくありません。

今回は上記のような”Shopify利用に問題を抱える方をサポート”するシステム、『Shopify Experts(エキスパート)』になるための方法をご紹介します。

Shopify ExpertsとはShopify公認のパートナーということ

引用:Shopify公式HP

そもそも「Shopifyパートナー」とは、Shopify内のテンプレートやアプリ作成、ストア構築、Shopifyを利用しているマーチャント(利用者)の問題を解決し報酬を得るプログラムのことです。

このパートナーシップは個人でも会社でも結ぶことが可能で、Shopifyへの新規ユーザー紹介などでアフィリエイト報酬を得ることもできます。

そして『Shopify Experts』とは、まさに”Shopifyパートナー”の中でもShopifyから認められた優れたパートナーということです。

Shopifyパートナーとしての活動実績があり、審査に通ることで公認パートナーである『Shopify Experts』となれます。

Shopify Expertsになるメリット

ShopifyエキスパートはShopifyパートナーとどのような違いがあるのでしょうか。

あわせて、Shopify公認となることでどのようなメリットが生まれるのか、ひとつずつご紹介いたします。

マーチャント(Shopifyの加盟店)からの仕事を受けやすくなる

まずはShopifyパートナーとして仕事が受けやすくなるということ。

Shopifyパートナーとしての実績が積もり、審査をパスすることでShopify公認のShopifyエキスパートとなります。

また、Shopify公認パートナーであるため信頼度が高くユーザーも優先的にExpertsから選択してくれるでしょう。

Shopifyエキスパート専用ページに会社情報が掲載される

引用:Shopify Experts 公式HP

さきほどの「マーチャント(Shopifyの加盟店)からの仕事を受けやすくなる」に大きく影響するメリットでもある、会社情報の掲載。

Shopifyエキスパートになると、Shopify Experts一覧に社名や会社情報が掲載されます。サイト構築などの支援を希望しているユーザーが、Shopifyパートナーを探す際にこの一覧を見ることで一般のパートナーよりも依頼してもらえる確率が高くなるわけです。

Shopify Expertsになるには?申込方法

まずはShopifyパートナーへ申し込みが必要です。誰でも申し込むことができ、申込費用もかかりません。

パートナーへの申込方法もとてもシンプルで複雑なことはありません。Eメールアドレスや名前や住所などを入力することで、パートナー登録は完了です。

Shopifyエキスパートの場合は上記のように簡単ではありません。

”Shopifyエキスパートマーケットプレイスリクエストフォーム”より申し込みを行いますが、Shopifyパートナーとして5つ以上のサイト構築実績があることが必要です。

また、申し込み後は審査制となっているため誰もがこの審査をパスできるわけではありません。

審査をパスすると承認と次のステップについて連絡がくるようですが、承認を得られなかった場合はとくに連絡は入らないものとなっています。

Shopifyエキスパートマーケットプレイスとは?

引用:Shopify experts

”Shopifyエキスパートマーケットプレイス”とは、問題を抱える「マーチャント(Shopifyユーザー)」とそれを解決する「Shopifyエキスパート」のマッチングページのようなもの。

たとえば、マーチャントがサイト構築したものの反映に問題があり解消できない場合に、”Shopifyエキスパートマーケットプレイス”にその旨を記載し対応してくれるShopifyエキスパートを募ります。

この”Shopifyエキスパートマーケットプレイス”は、Shopifyエキスパートしかアクセス権限が与えられずShopifyパートナーには利用ができません。

マーチャント側からみると、問題解決のエキスパート(プロ)に絞り安心して依頼を行うことができるのです。

まとめ

今回は”Shopify experts”とは、からその申し込み方法やメリットなどをご紹介いたしました。

Shopifyパートナーへの登録は法人名義でなくても一個人として登録が可能です。Shopifyの紹介で得られるアフィリエイト報酬メインとして登録している方も多くいます。

登録自体も無料なので、Amazonや楽天市場などと同様にアフィリエイトのひとつとしてもおすすめです。

Shopifyエキスパートは、ShopifyのプロとしてShopifyから公式認定されるもの。

今後日本国内でもShopifyのシェア率はさらに高くなることが見込まれています。エキスパートは法人名義も多いですが、フリーランスとして個人で認定されている方も多くいますのでぜひこの機会に検討されてみてください。

 

SNSでもご購読できます。