【Shopify】CSVで顧客管理・商品管理が簡単!インポート・エクスポートやり方

Shopifyで新しくストアを出店したすると手間になる作業が、顧客管理と商品管理。

しかしCSVファイルを活用すれば簡単に管理できるようになります。

そこでこの記事では、CSVファイルを用いた管理方法について解説します。

これまでに顧客管理と商品管理で苦労している方も、省力化が実現できますよ。

CSVファイルとは?

CSVファイルとは、様々な形式にに変換できるファイルのことを指します。

実際にCSVファイルをダウンロードした場合、一例として以下の形式に変換することができます。

  • Excel
  • Google スプレッドシート
  • メモ帳
  • メールソフト

仮にCSVファイルではなくExcelファイルで管理する場合、Excelソフトが入っている端末出ないと起動できないです。

しかしCSVファイルを用いれば、Excelソフトが入っていなくてもスプレッドシートで操作できたりと、端末を選ぶことなく管理ができるのです。

Shopifyの標準機能で使用できる

CSVファイルの使用は、Shopifyの標準機能として使用可能です。

そのため特別なアプリをダウンロードする必要が無く、Shopify管理画面上で操作が可能、エクスポートもインポートも簡単にできます。

そこでここからは、ShopifyにおけるCSVファイルのエクスポートおよびインポートのやり方を解説します。

CSVファイルのエクスポートやり方

CSVファイルをエクスポートする方法を商品管理・顧客管理それぞれで解説します。

商品管理

商品管理の手順は以下の通りです。

  1. Shopify管理画面で「商品>すべての商品」に移動
  2. 「エクスポート」をクリック
  3. ダイアログボックスからエクスポートする商品を選択
  4. エクスポートするCSVファイルのタイプを選択
  5. 「商品をエクスポートする」を選択し、エクスポート開始

エクスポート完了後、ストアオーナーのメールアドレスにもCSVファイルが送信される仕組みとなっています。

顧客管理

顧客管理の手順は以下の通りです。

  1. Shopify管理画面で「顧客」へ移動
  2. 「エクスポート」をクリック
  3. エクスポートするCSVファイルのタイプを選択
  4. 「顧客情報をエクスポートする」を選択し、エクスポート開始

続いてインポートのやり方を解説します。

CSVファイルのインポートやり方

CSVファイルをインポートする方法も、エクスポート同様に商品管理と顧客管理で異なります。

商品管理

CSVファイルへ商品情報をインポートする方法は、以下の通りです。

  1. Shopify管理画面で「商品>すべての商品」を選択
  2. 「インポート」をクリック
  3. 「CSVファイルで商品をインポートする」を選択
  4. お目当てのCSVファイルを探し、「開く」を選択
  5. 「ファイルをアップロード」を選択

インポートが完了すると、エクスポート時と同様にストアオーナーのメールアドレスにもCSVファイルが送信されます。

顧客管理

CSVファイルへ顧客情報をインポートする方法は、以下の通りです。

  1. Shopify管理画面で「顧客」を選択
  2. 「顧客情報をインポートする」を選択
  3. 「顧客情報をCSVよりインポートする」より、お客様CSVファイルを選択
  4. 既存顧客の情報を更新する場合は、「同じメールを持つ既存の顧客情報を上書きする」を選択
  5. 「顧客情報をインポートする」を選択し、インポート開始

上記の手順でインポートが完了となります。

まとめ

CSVファイルを活用すれば、Shopifyでの管理が非常に楽になります

  • 顧客管理⇒やり取りした実績がある顧客の情報および取引履歴を管理できる
  • 商品管理⇒取り扱っている商品名や在庫数を把握できる

ストアの規模が大きくなるほど、上記のやり取りは手間が掛かるものになります。

そのためCSVファイルを上手に活用して、顧客および商品の管理を省力化できるように努めましょう。

SNSでもご購読できます。