【初心者向け】ShopifyでGoogle広告を打とう!広告効果と設定方法について解説

「ShopifyでGoogle広告を出したい」
「Google広告の効果や設定方法が知りたい」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

Shopifyで作成したECサイトに広告を打ち出すと、さまざまなメリットが得られます。

そこで今回は、Google広告の効果と設定方法についてご紹介していこうと思います。
ECサイト運営者の方はぜひ最後までご覧ください。

Google広告とは?

Google広告公式ページより引用

Google広告とは、Googleが運営しているクリック課金型の有料広告プラットフォームです。
2000年に「Google AdWords」としてサービスが開始され、2018年に「Google」広告というブランド名に変更されました。

Google広告には、リスティング広告・ディスプレイ広告・動画広告などがあります。Google広告は、Google検索やYouTubeなど、さまざまなチャネルで広告を掲載できます。

幅広いところで使用されているので、みなさんも一度はGoogle広告を目にしたことがあるはずです。

Google広告の効果について

リスティング広告は、お客さんの検索結果をもとにした広告を表示できます。
そのため、お客さんひとりひとりに合った広告を表示できるでしょう。

また、ディスプレイ広告は、自分のECサイトや推したい商品をブランディングできます。
ECサイト自体の認知度を上げることにも一役買ってくれます。ディスプレイ広告はクリック単価も低いので、費用をおさえながら広告を打ち出せますよ。

なお、動画広告は他の方法と比較すると、わかりやすい点があげられます。広告内容が、よりお客さんに届きやすいといってよいでしょう。

では、Google広告は本当に効果があるのでしょうか?
ここではいくつかの統計データを見ていきます。

・ディスプレイ広告の平均視聴回数=1億8,000万回
・お客さんの有料広告クリック率=65%
・動画広告で視聴した商品を購入しているお客さんの割合=43%

これらのデータを見ると、いかにGoogle広告が有効であるかがわかるかと思います。

Google広告は的確にお客さんにアプローチできる手法であり、きちんとした広告効果をあげられます。

Google広告公式ページより引用

ShopifyでのGoogle広告の設定方法

それでは最後に、ShopifyでGoogle広告を設定する方法を見ていきましょう。ShopifyでGoogle広告を設定するためには、簡単な3ステップを踏むだけです。

Googleでアカウント作成

まずはGoogleアカウントを作成します。氏名を入力したり、Gメールアドレス(●●@gmail.com)を作成したりしましょう。

GoogleアナリティクスとShopifyを連携

Googleアカウントを作成できたら、Shopifyの管理画面にログインして「オンラインストア」「各種設定」の順にクリックします。
「Googleアナリティクス」という欄にトラッキングID(UA-●●)を入力しましょう。

これで、GoogleアナリティクスとShopifyの連携が完了しました。

GoogleアナリティクスとGoogle広告を連携

GoogleアナリティクスとShopifyが連携できたら、次はGoogleアナリティクスとGoogle広告を連携させていきます。

Google広告にログインして、Google広告管理画面の「ツールと設定」「リンクアカウント」「Googleアナリティクス 詳細」の順にクリックしていきます。

すると、Googleアナリティクスのプロパティ一覧が表示されているので、連携したいプロパティの「リンク」、連携したい「ビュー」を選択 、「保存」をクリックして設定は完了です。 

まとめ

ShopifyでGoogle広告を設定する効果や方法について解説しました。

Google広告は、統計的に見てもお客さんに対してしっかりアプローチできる広告手法です。

ぜひ今回の内容を参考にして、ShopifyにGoogle広告を使ってみてください。

SNSでもご購読できます。