ECショップのカゴ落ち対策に役立つ外部ツール4選

「カゴ落ち」とは、お客さんがカートの中に商品を入れたまま、ECサイトを離脱してしまうことです。

ECサイトを運営している方からすれば、カゴ落ちほど残念なことはありません。

カゴ落ちが頻繁に行われれば、ECサイトの売り上げが落ちてしまいます。

そこで今回は、ECサイトのカゴ落ち対策に役立つ4つの外部ツールを紹介していきます。

カゴ落ちによる機会損失を無くそう

カゴ落ちは別名「カート放棄」とも呼ばれています。

ECサイトの売り上げを伸ばしたいのなら、いかにカート放棄を防ぐかが重要です。

さまざまな調査によると、オンラインショッピングを利用するお客さんの約2/3は、商品を買う前にカートから離脱していることが明らかとなっています。

また、Baymard Institute社の調査結果によると、ECサイトのカゴ落ち率は平均69.57%です。
つまり、ECサイトでカートに商品を入れたお客さんの中で、約1/3しかその商品を購入しないということになります。

なお、株式会社イー・エージェンシーの調査結果によると、ECサイトの機会損失額は売り上げの2.5倍に及ぶことがわかっており、いかにカゴ落ちが機会損失を叩き出しているかということがわかるかと思います。

このように、ECサイトの売り上げは、カゴ落ち対策にかかっているといっても過言ではないのです。

カゴ落ち対策に役立つツールの導入

カゴ落ち対策のひとつに、Shopifyアプリではなく、外部ツールを導入するという方法があります。

ここでは、おすすめのカゴ落ち対策ツールを4つご紹介していきます。

SaleCycle

SaleCycleは、株式会社スクデットが展開するカゴ落ち対策ツールです。カゴ落ちしたお客さんへのリマインドメール送信や、カート放棄しそうなお客さんへのポップアップ表示なども可能です。しかも、設定料金がタダ。固定費がかからないので、気軽にカゴ落ち対策を試せます。

URL:http://salecycle.scudettoasia.com/

CART RECOVERY(カートリカバリー)

CART RECOVERY(カートリカバリー)は、株式会社イー・エージェンシーが展開するカゴ落ち対策ツール。ポップアップ広告とメールの配信を連動できるのが特徴のひとつです。

お客さんがECサイトを訪れたタイミングでメールアドレス登録を促せるうえに、新規のお客さんのカート放棄も予防できます。

利用料金は、初期費用が50,000円(税抜き)、月額費用が39,000円(税抜き)になります。

URL:https://www.cart-rcv.jp/

NaviPlusリタゲメール

NaviPlusリタゲメールは、ナビプラス株式会社が展開するカゴ落ち対策ツールです。

豊富なシナリオやコンテンツメールを送信でき、サイト内検索、レビュー投稿、レコメンドなどのカゴ落ち対策ツールがそろっています。

利用料金は、初期費用が200,000円(税抜き)、月額費用が50,000円(税抜き)になります。

URL:https://www.naviplus.co.jp/retargetingmail.html

Cuenote FC カートリマインド

Cuenote FC カートリマインドは、ユミルリンク株式会社が展開するカゴ落ち対策ツールです。

メールの大量送信やその高速性に特徴があります。

利用料金は、初期費用は問い合わせが必要で、月額費用は35,000円(税抜き)になります。

URL:https://www.cuenote.jp/lp/cartremind.html

まとめ

ECサイトのカゴ落ち対策について解説しました。

もはやカゴ落ち対策をするか否かが直接ECサイトの売り上げ率に関わっているといっても過言ではありません。

アプリだけでなく、今回ご紹介した4つの外部ツールをぜひ導入を検討してみてください。

SNSでもご購読できます。