Shopifyの集客のやり方!商品露出を増やして新規顧客を獲得

「ECサイトの売り上げが伸びない!」「そもそもECサイトの集客ってどうすればいいの?」このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?ECサイトは構築したら終わりではなく、継続的なサイト運用やお客さんの集客が必要になります。

そこで当記事では、ShopifyなどのECサイトで効率的に集客を行う方法を解説していきます。集客を行ううえでのポイントは、商品露出度を増やせるかどうかです。商品露出度を増やして、新規のお客さんを取り込んでいきましょう。

新規顧客獲得のためには商品露出度を増やす必要がある

ECサイトの売り上げは、新規のお客さんが80%、常連のお客さんが20%といわれています。どれだけ新規のお客さんを取り込めるかが勝負となってきますし、新規のお客さんが入って来なければ常連さんもできません。新規のお客さんを獲得するためには、商品露出度を増やす必要があります。商品露出度とは、販売している商品をどれだけお客さんのスマホやパソコン画面に表示できるかということ。さまざまな方法を駆使して、お客さんの目の前に商品を露出していきましょう。

ブログやメディアで発信して誘導する

お客さんはECサイト名や商品名だけでなく、いろいろな悩みや知りたいことも検索します。そんなときにブログやオウンドメディアで情報を発信しておけば、思わぬところから新規のお客さんを取り込める可能性があります。ブログやオウンドメディアで情報を発信するにはSEO対策も必要になりますが、より充実したECサイトを構築できるので、試してみる価値はあるでしょう。

SNSで紹介して誘導する

最近ではTwitterやインスタグラム、FacebookなどのSNSを利用している人が大半です。ですので、SNSで自分のECサイトを紹介・宣伝するのもひとつの誘導手法となります。新規のお客さんを取り込む場としてはSNSは最適な空間なので、積極的に利用していきましょう。

広告でアピールする

広告費が別途でかかってしまいますが、広告を使ってアピールするのもひとつの集客方法です。ECサイトで使える広告としては、「リスティング広告」「バナー広告」「リマーケティング広告」などがあります。とくにリマーケティング広告はおすすめで、費用が少なめですし、ECサイトを訪れたお客さんに繰り返し商品の購入を勧められます。

メルマガで紹介する

一度ECサイトで商品を購入してくれたお客さん、もしくは常連のお客さんに対してメルマガを定期的に送るのも売り上げアップにつながります。文章作成の手間はかかりますが、広告などのように費用がかからないのでおすすめです。

トライアンドエラーの繰り返し

ECサイトの運用・集客方法に正解はありません。そのときの流行や季節、時代の流れなどによっても売り上げは上下します。必要なのは、試行錯誤を繰り返しながら自分にあった集客方法を試していくことです。あきらめずに気長にサイト運用を行っていきましょう。

Shopify内を購入しやすい環境にしよう

お客さんが「さぁ購入しよう!」と思っても、ECサイト内が見にくかったり、操作しにくかったり、購入までの過程が複雑だったりすると、お客さんが離脱してしまう可能性があります。Shopify内には常に気を配り、お客さんが購入しやすい環境を整えておきましょう。とくに、購入ボタンなどの工夫をして購入までの過程を簡単にしておきましょう。そうすることで、カゴ落ちなどを防げます。

まとめ

Shopifyの集客方法についてまとめていきました。集客方法に正解はありませんが、いろいろな方法を試していくことで、自分なりの運用方法が見つかったり売り上げが伸びたりします。トライアンドエラーを繰り返しながら集客を行っていきましょう。

SNSでもご購読できます。