サブスクとは?Shopifyで定期購入を導入する方法とアプリ

最近、動画や音楽だけでなく、アパレルや化粧品、食品などの消耗品・日用品を定期購入(サブスクリプション)で販売するケースが増えていますよね。

サブスクは安定した売上を期待できるため、Shopifyで構築したECサイトに取り入れたいと考えている方は多いのでは?

そこで今回は、Shopifyに定期購入を導入する方法や、ShopifyサブスクリプションAPI、定期購入導入支援アプリについて紹介したいと思います。

Shopifyに定期購入を導入したい方はぜひ参考にしてください。

定期購入(サブスクリプション)とは?

定期購入(サブスクリプション)は、商品やサービスの利用期間に対して一定の利用料が発生する定額サービスです。

世間では、サブスクリプションを略した「サブスク」の名で浸透しています。

動画配信サービスの「Netflix」や「Amazonプライム」、音楽配信サービスの「Spotify」はサブスクの代表的な例となっています。

サブスクは毎月必ず定額の支払いが発生するため、事業者側は売上の予測が立てやすく、きちんとユーザーを獲得できれば長期的な収益が見込めます。

一方ユーザー側には、毎月の利用料を支払うだけで自分の欲しいサービスや商品を好きなだけ利用できるというメリットがあります。

ShopifyサブスクリプションAPIについて

Shopifyにはこれまで、定期購入(サブスクリプション)のシステムが実装されていませんでした。

外部のサブスクリプションアプリは使えるものの、Shopifyの設定で行っている決済方法を利用できず、サブスク商品だけ外部に決済ページを用意しなければならなかったのです。

しかし、2020年10月に「ShopifyサブスクリプションAPI」と「商品サブスクリプションApp extension」が導入されたことで、Shopifyで設定している決済方法を利用できるようになりました。

また、Shopifyの商品画面上に定期購入ボタンを実装することも可能です。

これまでのように外部を介した決済方法を用意する必要がなく、決済の管理をShopify内に一元化できます。

決済の管理を一元化できれば、定期購入ユーザーの顧客データも管理しやすくなります。

定期購入の顧客データをしっかり管理することで、収益レポートから顧客の潜在的なニーズを調査したり、定期購入利用者だけのキャンペーンを打ち出したりすることも可能となります。

Shopifyサブスクリプション導入におすすめアプリ

さらに、サブスクリプション導入アプリとShopifyのプラットフォーム機能も統合できるようになりました。

ここでは、Shopifyのサブスクリプション導入におすすめのアプリを3つ紹介したいと思います。

定期購買

https://apps.shopify.com/huckleberry-subscription?locale=ja

1つ目のおすすめアプリは「定期購買」です。2021/2/24時点では、月額無料で使えるようです。

このアプリが出るまでは、今までは海外製のアプリしかなかったため、設定画面やユーザーに表示する画面が英語になってしまい、翻訳作業やソースコードなどを修正する必要がありました。

日本製のアプリの為、日本語でのサポートが充実している点などがおすすめの理由です。

一方、まだリリースしたての為、機能は他のアプリに比べて限定的ではありますが、現時点では、以下の機能などが利用可能との事。

・定期購買のプラン設定(商品、プランの作成数は無制限!)
・定期購買の割引設定
・商品への定期購買プラン適用
・定期購買の注文、顧客管理

Bold Subscription

https://apps.shopify.com/bold-subscriptions?locale=ja

1つ目のおすすめアプリは、「Bold Subscriptions」です。

月額$49.99ですが、最初の60日間は無料トライアル期間となっています。

Bold Subscriptionsでは、定期購入のディスカウント設定や定期購入期間の設定などが可能です。

ReCharge

https://apps.shopify.com/subscription-payments

2つ目のおすすめアプリは、「ReCharge」です。

月額$60で利用でき、こちらも60日間の無料トライアル期間が用意されています。

ReChargeでは、リピート注文のカスタマイズ、分析、および管理が可能です。

また、顧客のエンゲージメントを分析して解約率の減少に貢献できます。

まとめ

今回は、Shopifyで定期購入(サブスクリプション)を導入する方法や、ShopifyサブスクリプションAPI、おすすめの導入支援アプリについて説明しました。

2020年10月に「ShopifyサブスクリプションAPI」と「商品サブスクリプションApp extension」が導入され、Shopify内での定期購入決済がとてもスムースになったといえます。

これにより、事業者側もユーザー側もストレスなくサブスクを利用できるでしょう。

今後は、Shopifyを使って消耗品や日用品のサブスクを展開してみてはいかがでしょうか。

 

SNSでもご購読できます。