【2021年版】PayWhirl で Shopify に定期購入機能を追加! アップデート・日本語にも対応

こんにちは、今回はShopifyショップに組み込む「定期購買アプリ」の中で今日時点(2020/11/30)で一番オススメのアプリをご紹介します。

この記事でわかること

  • 10月のShopify定期購買アップデートのおさらい
  • 今まで使われていた「定期購買アプリ」はどうなったか?
  • アップデート後、一番オススメな「PayWhirl」のおすすめポイント
  • 「集客アプリ」との相性

こんな疑問に答える理由/内容を書きました。
この記事でわかるのは、Shopifyでの「定期購買方法」と「定期購買に欠かせない集客方法」に関してです。
記事を通して、今日本でShopifyを利用して定期購買をやるなら「このアプリ!」というおすすめの理由と定期購買に必要不可欠な集客方法がわかり、ECショップオーナーが最も気になる定期購買開始/顧客獲得向上に関する情報が満載となっております。
ぜひ記事の最後まで読んでいただきお仕事の参考にしてみてください。

10月のShopify定期購買アップデートのおさらい

そもそも、Shopifyには「Bold」、「Recharge」といった有名定期購買アプリ(インストールするだけで定期購買が可能になる)がいくつかありました。
しかし、予てからShopify Japanより予告されていた10月のShopify自体のアップデートにより、各定期購買アプリで使われていた決済が使えなくなったのです。
ECショップにおいて「決済が使えなくなる」というのは、ここに書くまでもなく一大事です。
お客さんに買ってもらいたくて、ショップを作っているのに支払いができなくなるわけですから。

では、なぜShopifyはこのようなアップデートをしたのでしょうか?

上述の今までの定期購買アプリは、決済をShopifyが公式に提供する以外の決済に飛ばしていました。これにより、ユーザーが違和感を感じてしまって離脱してしまったり、ショップは割引施策、発送、広告タグの埋め込みなどで多少の不便を感じていました。これを今回のアップデートでShopify が公式に提供する決済を始めとしたプラットフォームの機能に統合することで、「長い目で見るとショップもユーザーも使いやすくなる形になった」というわけです。
とはいえ、結構根っこの部分のアップデートなので大騒ぎになりましたし、不安を持つショップさんはまだいらっしゃると思います。

今まで使われていた「定期購買アプリ」はどうなったか?

ショップさんが、不安を持ったり大騒ぎになったのはズバリ、今までの「定期購買アプリ」が使えなくなるからです。
決済/販売という根幹のアプリが使えなくなるのでそれは困りますよね。

Shopifyもそれはわかっているので、新しいアップデートに則した「定期購買アプリ」が作れるAPI(連携機能のようなもの)を提供しています。今まで「定期購買アプリ」を作っていた各社は、このAPIを利用して、新しいレギュレーションに則ったアプリを各社作りリリースしています。

それなら、新しいアプリをインストールすれば問題はないのでは?
と思われるかもしれませんが、古いアプリから新しいアプリにデータ移行する機能がなかったり、古いアプリから新しいアプリはアプリのアップデートではなく、ぜんぜん違うアプリとして新たにインストールしないといけなかったりと、これはこれでみなさん混乱中です。苦笑

なので、どういうことが起こったかというと、「Shopify定期購買」の完全なリニューアルなわけです。

おすすめアプリ「PayWhirl」の解説

みなさんが、気になるのは「じゃあそのリニューアル後に定期購買するにはどうしたら良いの?」ということだと思うのですが、今日の一点目は僕たちハックルベリーの仲間が色々試した結果、これが一番いいんじゃないかというアプリの紹介です。

shopify app storeスクリーンショット

shopify app store スクリーンショット

PayWhirl Recurring Payments」です。このアプリのおすすめ理由を書くと、まず何より
・日本語対応できる!
です。他の有名どころのアップデート後の定期購買アプリだと、ここがかなりの手間がかかるところを簡単に設定できます。
その他は、
・インストールがめちゃ楽
・アップデートに完全対応
そして、
「無料」
です!!!
当然彼らも商売なので「来年(2021年)のどこかで料金調整がはいる」と書いてますが、現状は無料でお試しができるので、今から新規でShopify定期購買を考えてらっしゃる方は、ショップ、ベンダー問わず試してみる価値はあると思います。

定期購買と相性のいい「集客アプリ」はどれなのか?

ここまでが、Shopifyの10月アップデート後の定期購買機能/アプリの実情とおすすめアプリです。
定期購買は上記アプリをお試ししていただければなのですが、おまけで、定期購買に必須な集客方法についても解説いたします。

定期購買をやられている方なら、言わずもがなだと思いますが、「アフィリエイト」です。
売上がたってから手数料が発生する方式なので鉄板ですよね。

ただ、始めるのに開発の知識や多くの書類のやり取りが発生して面倒なのが常ですが、それを簡単に実現できるのが、ハックルベリーが提供する「アフィリエイト連携」アプリです!(宣伝)

Twitter界隈でもちょいちょいいい感じで紹介してもらってます。(ありがとうございます!)



PayWhirlとの相性も抜群なのでぜひぜひお使いください!
また、定期購買や集客に良いアプリやキャンペーンが出たらお知らせします。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

2021年2月追記「日本製アプリリリース」

ついに日本初の定期購買アプリの開発、リリースしました!
海外製アプリだとどうしても、英語での対応が必要になったり、日本独自の商習慣に合わない部分などがありますが、今回のアプリではそういった課題を解決できるように設計しています。

まだまだ足りない機能などありますが、定期購買のアプリ導入をご検討中の方は、こちらのアプリも利用してみてください!

〈機能や特徴〉
・商品ごとのプラン設定、割引、購入回数制限などの基本機能
・Shopifyペイメント対応
・日本語対応の設定画面

アプリインストール
https://apps.shopify.com/huckleberry-subscription?locale=ja

載せ替えなどを検討中の方は以下の記事をご覧ください。

2021年5月追記

サブスクモデル自体に対してのご質問やご相談が非常に多かったので、サブスクを導入する方法とおすすめアプリや比較などを解説しました。

 

SNSでもご購読できます。