Shopifyでオプションとバリエーションの設定方法を紹介!

「Shopifyでオプションとバリエーション設定をしたい」
「そもそもShopifyでオプションとバリエーション設定をするメリットってあるの?」

こんな疑問をお持ちではないでしょうか?そこで当記事では、Shopifyでオプションとバリエーションを設定する方法を詳しく解説していきます。
この記事をご覧になれば、オプションやバリエーションの設定方法だけでなく、メリットや注意点まで理解できますよ。

ぜひ最後までご覧ください。

バリエーション・オプションを設定するメリット

Shopifyの商品登録でバリエーション・オプション設定するメリットはいくつかあります。

まず、お客さんがECサイトを見やすくなります。
商品の色・素材・サイズなどが同じページで見れるので、お客さんも商品を品定めしやすいのです。

バリエーション設定をしていないと、商品の色・素材・サイズごとに別々のページに移ってしまうので、お客さんからしたらとても買い物しにくくなります。

また、ギフトラッピングなどのオプション設定をしておくと、同じページでギフト包装してくれることがわかるので、非常に便利です。

Shopifyで商品登録

このように、Shopifyでただ商品登録するのではなく、バリエーションやオプション設定を同時にしておくことで、お客さんの離脱率を下げて売り上げアップにつなげられます。

次の項では、いよいよバリエーションやオプションの設定方法を見ていきましょう。

なお、Shopifyの商品登録は、管理画面左上の「商品管理」をクリックしてから「商品を追加する」を選択すると商品登録できます。あとは商品名・商品詳細・商品画像を設定していくだけです。

バリエーションの設定

ここでは商品登録の際中にバリエーション設定していく方法をお伝えしていきます。「バリエーション」というところにチェックを入れると詳細が表示されるので、そこに詳細を入力していきましょう。

バリエーション項目の例

バリエーションの項目例としては、サイズであればS・M・L・LLなどが選択できます。また、バリエーションの項目ごとに価格や数量、SKUなども設定できます。

バリエーション設定の注意点

注意点としては、ひとつのバリエーションにつき100種類までしか設定できないことです。追加するためには他のアプリなどと連携させる必要があります。カウントの仕方としてはオプション×バリエーションなので、注意しておきましょう。例えば、サイズ3種類×素材4種類×ギフト5種類=60バリエーションとなります。

オプションの設定

ここでは、商品登録の際中にオプションを設定していく方法をお伝えしていきます。商品ごとに最大3つのオプションがあり、いろいろ設定ができます。

オプション項目の例

オプション項目の例としては、サイズ・カラー・素材・重量・仕上げ・スタイルなどです。オプションは商品ごとで違ってもいいので、自由に選択できます。

オプション設定の注意点

Shopifyの商品登録では、オプションを先に設定してからバリエーション設定をするという流れなので、どんなバリエーションにしたいのかを先に考えておきながら最適なオプションを選択していきましょう。なお、オプションにも最大3種類という上限が定められています。これを増やすためにはShopifyアプリストアなどから外部アプリを使用しなければならないので注意してください。

まとめ

Shopifyでのバリエーションとオプションの設定方法について解説していきました。バリエーションとオプション設定は、ECサイトを見やすくして、お客さんの離脱率を下げて売り上げ率をアップさせてくれます。Shopifyのバリエーションとオプション設定を上手く使いこなして、ECサイトを成長させていきましょう。

SNSでもご購読できます。