Shopifyで定期購入(サブスク)導入!事業者と消費者のメリット・デメリット

Shopifyでは定期購入制度(サブスクリプション)の導入が可能です。

サブスクリプションを導入すれば、事業者はもちろん消費者にとってもメリットがあります。

しかし注意点を押さえておかないと、後々トラブルになることも。

そこでこの記事では、サブスクリプション導入時のメリットデメリットを解説します。

デメリットを理解つつ、サブスクリプションを導入して売上を伸ばしていきましょう。

Shopifyで定期購入(サブスク)導入について

Shopifyではサブスクリプションの導入が可能です。

サブスクリプションを導入すれば事業者は売上を伸ばせるなどのメリットがあり、消費者にとっては買い忘れが無くなる等のメリットがあります。

事業者のメリット

まずは事業者がサブスクリプションを導入するメリットを3つ解説します。

継続的な売上が安定する

サブスクリプションを導入すれば、継続的な売り上げが期待できます。

毎月決まった収入が入るようになることで売上が安定し、今後の事業計画も立てやすくなります。

数字で明確な指標を持てる

数字による明確な指標を持てるのもメリットとなります。

明確な指標とは例えば、継続数・ 解約数・ 登録数などです。

これらの指標が明確になることで要因分析も容易になるため、より良いサービスへ改善を行いやすくなるでしょう。

ユーザーの利用ハードルを下げれる

ユーザーが利用するまでのハードルを下げられることも、サブスクリプションのメリットです。

サブスクリプションにすることで、将来的な収益見込みを立てることが出来るため、初回を安く提供することが戦略的に可能になります。

その為、ユーザーが購入しやすい金額にすることができ、利用するための最初の金額のハードルを下げることが可能になります。

事業者のデメリット

サブスクリプションにはメリットがある一方で、デメリットも存在します。

顧客管理が重要になり、業務工数が発生する

サブスクリプションを導入すると、顧客管理が重要になります。

その際に発生する主な業務が、毎月の請求書の発行です。

毎月決まった額を請求が発生することは、それに伴う事務作業も発生してしまうのです。

顧客の解約時に揉めることがたまにある

ユーザーのサブスクリプション解約時にクレームの要因となることもあります。

クレームの内容で多いのは、キャンセル料や契約期間に関するものです。

クレームを防ぐためにも、ユーザーがサブスクリプションを解約する際のルール決めは、明確に行うようにしましょう。

在庫切れの心配

サブスクリプションを導入することで、毎月決められた商品をユーザーに届ける必要があります。

つまり通常販売時と違って、在庫切れは許されないのです。

在庫切れで商品を送れない事態を避けるために、サブスクリプション導入時は在庫管理を徹底しないといけません。

消費者のメリット

サブスクリプションは事業者だけでなく、消費者にとってもメリットがあります。

買い忘れがなくなる

サブスクリプションを利用すれば、毎月届く仕組みであるため、買い忘れが無くなります。

ユーザーが日常的に使うと思われる商品ほど、サブスクリプションを取り入れてみましょう。

通常よりお得に購入できる

サブスクリプションで購入すれば、通常価格よりも安く済みます。

ユーザーにとっては節約にもつながるため、訴求する際は、お得感を出すと良いでしょう。

面倒な注文がなくなる

サブスクリプションは解約しない限り商品が届くため、ユーザーにとっては注文の手間が省けます。

消費者のデメリット

消費者側にもサブスクリプションのデメリットが存在します。

利用しなくても費用が発生する

サブスクリプションを契約していると、サービスを利用しなくても、費用が発生してしまいます。

解約忘れ

サブスクリプションの解約を忘れていた場合も、引き続き料金が請求されてしまいます。

つまり事業者側にとっては、ユーザーが解約手続きを行わない限りは、料金を請求できる仕組みであるのです。

一定回数を購入しなければいけない場合がある

ストアによっては、一定回数以上の購入を条件としているサービスもあります。

そのためユーザーのまとまった使用が見込めない商品・サービスでは、サブスクリプションを契約してもらえないリスクもあります。

まとめ

Shopifyではサブスクリプション制度の導入が可能です。

事業者にとっては安定した収入を見込めるようになり、ユーザーにとっては買い忘れが無くなる等のメリットがあります。

しかしデメリットも存在するため、理解しないで導入してしまうと、トラブルになってしまうことも。

メリット・デメリットを把握したうえで、サブスクリプション制度を導入するようにしましょう。

導入を具体的に進めていく場合は、以下の記事を参考に、アプリ選定をすると良いですよ。

SNSでもご購読できます。